ワカサギ 2010年

3月13日(土) 桧原湖  金山地区→ 地図
 今度こそ今シーズン最後のワカサギ釣り。O形さんは用事があって行けないとのことなので、一人で行くしかないと思っていたが、前夜、どこにでも佐久間さんから一緒に行くとの連絡があった。朝、4時に福島を出発。土湯峠もプラスの気温で、道路は快調だ。5時半に金山に到着すると、いつもにくらべるとさすがに人が少ない。
 早速、氷上に乗ると、心配された氷の緩みはなく、ガッチリした氷の上に5センチほど雪が積もっており、最高のコンディション。
 さて、今回のポイントは、以前にどこにでも佐久間さんが良い思いをしたというエンドウ丸さんの屋形から西へ向かった地点。3か所ほど魚探を入れると、いずれも反応がある。このうち一番浅い4.5mにテントを設置。今回も電動2丁。このところ紅サシが良い時と本ラビが良い時があるので、それぞれ違う餌で開始する。魚探反応から期待して仕掛けを投入する。しかし・・・全く反応が無い。おかしいと思っていると、大きな当たり!合わせと同時にズッシリとした重量感。明らかにワカサギとは違う。何が釣れたのかと思えば、何とブルーギルだ。やはり水の中は春なんですね〜。
 ブルーギルの巣窟か?と心配されたが、開始間もなくどこにでも佐久間さんがポツリポツリ釣れ始める。こちらも釣れ始めるが、どうも左側の紅サシだけに当たりがある。どこにでも佐久間さんは本ラビなので、餌のせいではなさそうだ。片方にしか当たりが出ないのは効率が悪い。いろいろ考えたが、思い当たるのは、新しく作ってきた錘の色がピカピカの銀色であること。そこで、試しに古い錘に変えるてみると、いきなり3連ちゃん。たったこれだけのことで食いに差が出るのは驚きだ。恐るべしワカサギ釣り!ようやく、ペースはあがり8時半位まではポツリポツリ状態。これまででは一番ペースが良い。このころから、外は雨が降り始め、さらには風が出てきて騒がしくなってきた。ワカサギのほうも次第に食いが悪くなり、魚探の反応も少なくなり始め、9時を過ぎるとピタッと止まってしまった。時折、魚は入ってくるが全く口を使わなくなった。こうなると、何をやってもダメ。
 ここで、どこにでも佐久間さんが、外を見に行くと出て行った。しばらくすると、突風でいきなりテントのアンカーが飛ばされ、テントがずれたので、テントを立て直すのに外に出てみると、何と!?どこにでも佐久間さんは外で釣りをしていた。この天候の中露天をやるとはすごい根性だ。テントを立て直し、どこにでも佐久間さんが戻ってきたので、釣果を聞いてみると、5尾も釣ったとのこと。朝、魚探を入れた内、沖に2つ行ったところが良いとのこと。再び、テント内で釣りを行うが、時折、釣れる程度で、全く数が伸びない。これでは、いつもの50、60尾で終わってしまいそうだ。
 昼近くなり、再び佐久間さんが露天に向かう。外は結構な雨だ。私はそんな元気は無いので(実は朝から寒気、吐き気がする・・・でも釣り優先)。テントで留守番をしていたが、やはり、外の釣果が気になる。丁度お昼になったので、様子を見に行くと、結構釣れている。試しに魚探を入れると、底から50p位にビッシリと反応!たった10m、水深にして50pの差なのに不思議なものだ。早速テントを引っ越しする。お昼を食べて午後の部開始。ポツリポツリは釣れ始めるが、魚探の反応に比べると今ひとつペースはあがらない。そこで、紅サシを半分切りからさらに小さく3分の1にカット。これでややペースも上がり、さらには、当たりが少ない方の竿を一番柔らかいものに変えて、錘を小さくする。これでさらにペースが上がり始め、一時はプチ爆釣タイム突入。一気に数も伸びて今シーズン初の100尾超え達成となった。結局3時半までやって129尾。どこにでも佐久間さんもほぼ同数。どこにでも佐久間さんの漁場探索がなければここまでは釣れなかった。やっぱ、このくらいの根性がないと100尾を超えるのは難しいのかもしれない。
 
底つきの良い反応が出るのだが・・・ 何とか今年も100尾超え
しかし、小せえ〜
今年最後のから揚げ
卵プリプリでした。
3月6日(土) 桧原湖  金山地区→ 地図
 今週も桧原湖金山エリアに向かう。メンバーはO形ファミリーとどこにでも佐久間さんの計4名。暖かい日が2日続いたので氷の状態がちょっと心配。到着すると6時前にも関わらず、駐車場はほぼ満杯。今年は来るたびに人が多くなっているような気がする。ちょっと離れた場所からのエントリーであったが、氷の状態はまずまずでとりあえず、ポイントまで直行出来た。しかし、前々日の調査で魚影が多かったという場所は氷が緩く、時折表面が抜けるので断念。その後も数カ所で魚探を入れてみるが、どこも反応は今ひとつ。仕方がないので、底付近に若干反応が見られた6mラインにテントを設置。このころから雨が強くなり、テントに入る頃にはビショビショだ。
 釣り開始から30分、反応は非常に悪い。今回も電動2丁を出したものの、全く意味がない状態だ。たま〜に回ってくる魚を拾う感じで、これといった傾向も無い。餌だけは本ラビが正解のようだ。竿は、前回の反省から柔らかいショートロッドを突貫工事で制作したが、当たりは従来型よりも遙かに多いものの、合わせが決まらないのは一緒。いったい何が悪いのか?前回、好調だったどこにでも佐久間さんも苦労しているが、やはり合わせの確率は高い。O形さんの方は、えんどう丸さんの妙技に刺激されてか?浮子釣りにトライ。一時は良い感じだったようだが、昼近くなり同じく反応が無くなってしまったようだ。
 11時となり、一向に良くならないので、思い切って漁場探索に向かう。しかし、浅い方、深い方とも反応が無く、散々さまよった結果1尾のみだった。テントに戻ると、テント周辺は氷が緩んでおり2回に1回は踏み抜いてしまう。さすがに帰りを考えると心配なので、えんどう丸さんが作った道の近くに引っ越し。この場所はポイント探しで唯一釣れた場所。テントを張って釣りを開始するがやっぱり釣れない。2時頃になってようやく魚探に弱い反応が出始める。それでも当たりは中々出してくれない。ここで、本ラビから紅サシ半分切りに切り替えると直ぐに当たりが出る。一時期はフカセ誘いでポツポツ釣れ出したが、これも長くは続かない。結局、4時まで粘るはずが、その前に終了となってしまった。帰ってから数えると34尾しかいない。このエリアでこの時期にここまで釣れないのは初めて。今シーズンはこのまま終了か?
2月28日(日) 桧原湖  金山地区→ 地図
 2週間ぶりとなるワカサギ釣り。今回はO形さんに加えて、初登場のO形Jrとどこにでも佐久間さん、ミツリアーノの5名と大所帯。しかし、O形さんが6人用テントを購入したので、2+3の快適テント生活だ。
 行き先は、どこにでも佐久間さんが先々週250尾を釣っている秋元湖にするか、桧原湖の金山にするか迷ったが、このところの暖かさで、秋元湖は歩くのが大変だろうと判断し、入釣が楽でそれなりに期待できる金山に決定。途中の土湯峠は+の気温と暖かい(路面は凍結)。この分だと氷はズブズブだろうと思われたが、到着すると、氷の色は春先の黒っぽい感じだが表面はカチカチ。歩くには全く問題がない。穴開けをすると表面の氷はかなり強固で、この分ならもう少し楽しめそうな感じ。魚探で何カ所かチェックしたが、魚群の反応はほとんどなく、唯一底付近にモヤモヤがあった6mラインに陣取る。
 私のテントにはどこにでも佐久間さんとミツリアーノの3名。どこにでも佐久間さんとは初めてだが、経験は相当あるらしいので、どんな釣りをするのか楽しみ。私は、電動プロト2号と急ピッチで汲み上げた完成品1号の2丁使い。どこにでも佐久間さんも自作電動2丁だ。ミツリアーノは佐久間さんから借りた電動とオモリ、そして私の仕掛けと自作は全く無い(大きな赤いバケツは持っていた・・・)。魚探反応は少ないものの、仕掛けを落として誘い始めると直ぐにポツポツ釣れ出す。しかし、他の2人は今ひとつ。どうも私が使っていた紅サシ半分掛けが良いようで、今度は切り替えた佐久間さんが快調に釣れ出す。そして、私の左(佐久間さんの右手)に入ったミツリアーノも単発ではあるが釣れ始める。どうも私の左手側から群れが入ってくるような感じだ。9時前までは何度か連チャンがあり、それなりに数が伸びていくが、9時を過ぎると序序に渋くなり始める。このころから、私は当たりがあっても空振りばかり。これに対して佐久間さんの右手は合わせが高確率で決まり、次第に差が付き始めた。ミツリアーノも少ない当たりをものにしていく。竿のせいにはしたくないが、某有名穂先が良いのか?それとも合わせのタイミングなのか?いずれにしても明らかに何かが違うようだ。結局、津波のために早々に釣りは切り上げたが、どこにでも佐久間さんは65尾、私は40尾と大きく引き離されてしまった。ミツリアーノも久しぶりのワカサギ釣りにも関わらず25尾。今回は、渋ったときのフカセ釣りが全く効かず、小さなトントンポーズで単発当たりを取る釣りに終わったが、次回は、竿のバリエーションを増やしたり、浮子釣りにしたりとやりたいことは山ほど。
最終となる(多分?)次週にご期待!
最初で最後と思われたが、好調に釣り続けたミツリアーノ 手前私、奥どこにでも佐久間さん途中までは良い勝負だったが・・・ どこでにでも佐久間さん自作電動。使い込んであるだけにシンプル&確実 私の自作完成品。今回の最終テストで微調整したので、カバーとカラーリングで完成だ!
2月13日(土) 桧原湖  金山地区→ 地図
 今回は、O形さんとO野君そして今シーズン初ワカサギの友人N野の4人。前回非常に混雑していたので、30分程早く出発。途中、N野と裏磐梯のセブンで合流し、金山へ向かう。駐車場はギリギリで近場に駐めることが出来た。それにしても凄いお客さんだ。主要ポイントには無数のテント村が出来ている。
 今回は、前回よりやや深い6mラインに陣取る。魚短を入れるとやや浮き気味の群れが時折通過。早速釣りを開始するが反応は良くない。前回も9時頃からポツポツ釣れ出したので、焦らず誘いに集中。そして、予想通り8時頃から底付きの群れが入って来て釣れ始める。強い誘いよりもフワフワ小さな誘いやフカセが有効。群れは時間とともに良い感じで入ってくるようになったが、食いは相変わらず悪い。入れ食いになっても良い反応なのに、単発で釣れるだけ。誘いをあの手この手と変え、何とか昼前には50尾を越えたが、午後も一向に良くならず結局3時までやって82尾。今シーズンでは一番釣れたが、今回は全員釣りに集中していたことを考えると、今ひとつでしょう。もう少し盛り上がる時間帯があれば良いのだけど・・・
ちなみにO野君は来るたびに自己記録更新。今が一番楽しい時期?
クリステアコンビ好調 金山のテント多数 このサイズに悩まされます
2月11日(木) 桧原湖  金山地区→ 地図
 2月7日は大雪のため断念。その代わり?11日に桧原湖に行くことになった。メンバーはO形さんと、2つ返事の軽いノリY本さんの3人。5時に福島を出発し、土湯峠に差し掛かるとマイナス2度。思いの外気温が高い。
裏磐梯に到着するころには後方は車の列。飛び石連休ということもあり、かなりの人出だ。今回は無難な金山地区に入ることしにしたが、いつもの駐車場所は一杯で、かなり手前に駐車することになった。湖上に降りると、意外にテント村が近いように思えたが、これが大きな間違い。歩き始めてすぐにズボズボ状態。2、3歩歩いては休憩しないと進めないほどぬかるんでいる。ようやくポイントに到着したころには7時を回っていた。魚探を入れると水深は5mとやや不安な感じ、案の定反応があまりない。釣り初めてもアタリは無く、準備が整って、誘いをかけるとようやく釣れる程度の渋さだ。今回は、電動二丁で数釣りに徹するつもりだったが、アタリが遠く、二丁の意味がほとんどない。しかも、リサイクル竿(削り直し)が次々にトラブル。プロト1号のストッパーが緩く巻き込んだ拍子にポキリ!今一ペースにならない。
今回も餌はフルラインナップで臨んだが、朝こそは紅サシ半分掛けが釣れたが、日中は本ラビを選択的に食ってきた。逆にいえばそれだけ渋い状況なのだ。アタリもフッという軽い感じの弱いもの。かなり集中していないと釣れない。そんな状態なので、ワンカップ釣法のY本さんは朝一の2尾で玉砕。それでも彼は大満足。今回も美味しい肴と酒が捗っていた。
さて、釣り方の方だが、今回も今ひとつ傾向がつかめない。二丁使ったのもいけないが、もっと掛けに行くべきだった。どうしても待ちの釣りになって、数が伸びなかったような気がする。
前回課題が見つかったプロト2号については、改善の効果によってほとんどトラブルが無かった。逆に1号は何の対策もしなかったので、結構なトラブル発生。明後日のリベンジまでは改良を施す予定だ。
今回も天気は良好。風はほとんど無かったが、氷はザブザブ。 さすがに大型は少なくなった。これからはマッチ棒が相手だ 今回の改良はスプールの直前にガイドを付けたこと。これでギアへの絡みが減った。
1月30日(土) 秋元湖  金堀地区→ 地図
 今回は大型ワカサギを求めて秋元湖へ行くことにした。メンバーはO形さんと今シーズン初登場のY本さん。朝5時に福島を出発し、駐車場がある金堀地区には6時に到着。既に多くの釣り人の車が並んでおり、湖上にはテント村が出来ている。やや緩んだ雪上を沖合のテント村に向かう。気温は思ったよりも高いが、湿った雪が結構降っているので、早くテントを張りたいところだ。早速魚探を入れて水深を測ると11m。予定よりもちょっと深い。魚探反応も無いが、周囲にはハウスのあるので、悪いポイントではないと思いテントを設営。
 仕掛けを降ろすが先週のような即ピクは無い。トントン誘いを繰り返しているとようやく初ワカサギ。しかし、秋元湖サイズにはほど遠いマッチ棒サイズだ。その後も同じような感じで、ポツリポツリ釣れるが盛り上がりは無い。たま〜に大型が釣れてくるが単発で終わってしまう。
 今回は、ストッパーを付けた改良型自作電動リール2号を使ったが、落とし込みでどうしても歯車に糸が絡んでしまう。後から判っただが、オモリが軽いのと、途中に結び目が出来ていたことが原因だったようだ。1号の方は最初Y本さんに使ってもらっていたが、こちらも糸がらみが多い。スプールの近くにもう一つガイドを付ける必要がありそうだ。ちなみにY本さんは、酔っぱらう前の朝は好調に釣れており、タックルのバランスはベストだったようだ(一番柔らかい竿に2番目に重いオモリ)
 本日は終始単発なアタリのみ。後半はフワフワ誘いでモゾッとかフワッといった桧原湖みたいなアタリしか出なくなってしまった。とにかく集中していないと釣れない。これはこれで楽しいのだが、今回も50尾がやっとの釣果だった。
ワンカップ釣法で数を延ばすY本さん。微妙な誘いが良いのか? 電動リールも購入。やる気満々のO形さん 浮子釣りは不発。1尾のみであった。 全部でこれだけ。
 
1月23日(土) 桧原湖  金山→ 地図
 今シーズン初となる桧原湖のワカサギ釣り。水、木曜と気温が上がり氷の状態が危ぶまれたが、週末には再び冷え込んだので一安心。
 今回は、O形さんとD社の電動リールを購入し、やる気満々のO野君が参加。そして、急遽初出場のミスターX(E藤さん)の登場。まだ、氷の状態も不安だったので、いつもよりはゆっくりの5時半にO形さん宅へ到着。しかし、待ち合わせていたO野君とE藤さんが来ない。電話をしてみるとまだ30分程かかるとのこと。ある程度想定はしていたのだが・・・6時には全員が揃い、一路桧原湖へ向かう。入った場所は、O形さんが下見をしてくれていたえんどう丸さんのエリア。話しによると日中でも釣れていたとのこと。ネット情報でも結構数が出ているので期待できるエリアだ。
現地に到着すると、さすがにシーズンはじめということもあり人は少ない。えんどう丸さんから情報を聞いて、早速テントを設営。まずは、E藤さんの仕掛けを準備し、本人が車に忘れ物を取りに行っている間に試しに仕掛けを降ろすと、直ぐにピクピク。3連チャンで入れパクだ。全員、仕掛けの準備も終わり釣り開始。皆さん、ポツリポツリと釣れ始める。初めてのE藤さんもあっさり釣れてしまった。「何だ簡単じゃん!」。しかも、釣ったワカサギを躍り食い・・・恐るべしミスターX。
まずは、桧原湖の厳しさをと思ったが、こんなに簡単に釣れると拍子抜けだ。とはいえ釣れないより釣れた方が楽しい。11時頃までは、入れ食いもないが、とぎれることも無くほどほど楽しめた。電動リールを購入したO野君は特に好調。あっさりと自己新記録。
 当たりも明確で、特段の工夫も無いまま昼近くには50尾を越えたが、桧原湖のワカサギはそう甘くはない。昼近くなると急に食いが悪くなった。魚探の反応は、朝と変わらずポツポツ映っているので、魚は居るようだが中々食わないようだ。その後は色々誘いをかけるが、これぞという決め手は無い。時間の経過とともに悪くなる一方なので15時には終了。結局63尾とう釣果。朝がゆっくりだったことを考えるとまあまあかなと思うが、周囲のテントでは300尾近く釣った人もいたのはビックリ。この日は、南エリアも含めて全体的に釣れていたようなので、もしかしたら、数少ない大釣りのチャンスだったかもしれない。
 ちなみに、E藤さんは、ワカサギは性に合わないとのことなので、次はないかもしれないが、次は宴会テントを設営し、宴会に集中して頂こう。
風も無く天気は最高 氷は20pといったところ 初ワカサギにご機嫌 でも、最後はいつものポーズ
プロト1号が活躍、2号は撃沈 やっぱ、本物は性能が違う 絶好調のO野君 シーズンはじめなので良型も混じります。