ワカサギ 2007年

年月日:2007年2月12日(日)
場  所:桧原湖
 
 今シーズンに2回目のワカサギ。今回は桧原ワカサギ初となるO形さんとの釣行。前日夜はO形邸に泊めていただき、美味しい魚に舌鼓を打ち(ごちそうさまでした)。翌日は早朝からの釣りをすることにした。裏磐梯に入ると予想通りの雪。あっという間にフロントガラスに雪が積もる。連休のためか、今回は釣り人も多く、コンビニはワカサギ客で一杯である。入漁券と本ラビを購入して、金山方面に向かう。コタカ森沖は相変わらず凍っておらず、岸沿いにテントが集中している。昆虫作家さん情報によると金山方面はやめた方が良いとのことなので、前回同様、小島の手前に車を停める。前回とほぼ同様のテント村が出来ており、雪も結構降っていたためここに入ることにする。
 テントを設置し、魚探を入れると底付きの群れが居る。急いで準備をし、いざ投入!しかし・・・反応が無い。魚探には確かに反応が出ているのが、全くアタリが出ないのである。時折、中層にも群れが入ってきて、試しにタナを合わせてみるのだが、これも無反応。ようやく1尾目をキャッチしたのはしばらく経ってから。それも連発にはならず、かなり渋い感じである。O形さんも初ワカサギをキャッチしたものの、激渋りに困惑中。
 ここで、大トラブル発生。魚探の場所を変えようと、動かした拍子にモニターを水の中にどぼん。直ぐに取り上げたのだが、モニターは真っ黒。前回に引き続き魚探無しの釣りとなってしまった。
 状況はどんどん悪くなり、忘れた頃にアタリが出る程度。こうなると初ワカサギのO形さんには気の毒。誘いの傾向でも判れば、アドバイス出来るのだが、誘いの方法も一定せず、一瞬のアタリを確実に取っていくしか無いという感じ。テントで釣りは気にいって頂いたのが、肝心のワカサギがさっぱりでは、今ひとつ盛り上がらない。
 後半に入ってますます厳しくなったところで魚探復活。底付きの群れは単発で、たまに僅かな反応が出るときに釣れる程度。3時近くなり、もうやめようかと思った頃、突然中層に濃い群れが入ってくるようになった。これが悪かった。あまりの反応にそれをねらい続けること1時間。全く釣れない・・・結局、4時近くまでやって53尾。型は、朝はまずまずで記録魚も釣ったりしたが、午後は小さくなる一方。
 帰り道は、猛烈な雪と渋滞でさらに意気消沈。次はリベンジだ〜

今回釣れた巨大ワカサギ。15p以上あります。まわりのワカサギはレギュラーサイズ。


年月日:2007年1月27日(土)
場  所:桧原湖
 
 今シーズン初のワカサギ釣り。暖冬の影響で氷の状態が心配され、毎日HPをチェック。何とか釣りは出来そうなので、様子見半分で出かけることにした。メンバーは昨年からワカサギにはまった友人のN野、そしてあらゆる釣りにチャレンジ中(無理矢理連れて行っている?)のH賀君。今回は氷の状態が判らないので、いつもよりゆっくりの5時半出発。とはいっても相馬発は4時なので、H賀君はやや睡眠不足か?裏磐梯のセブンでワカサギ&人間の餌、入漁券を買って、半時計回りで金山方面へ向かう。暖冬とは行ってもさすが裏磐梯。路肩は1m程の雪の壁である。しかし、コタカ森を過ぎ、湖面が見えて来るとビックリ!すぐ沖は氷が張っていない。やや不安を抱えて奥へ向かうと、岸沿いにテントがチラホラ見え始める。途中の小島まで来ると、テント村と言えるほどの集団がいくつか見え始めた。あまり奥へ行ってしまうと、戻ってくるのが大変なので、小島手前のテント村に加えてもらうことにする。おっかなびっくり氷に乗ると、時折表面の雪の固まりが割れてドキッとする。テント村の真ん中辺に入り、穴を開けてみると雪を入れて20p位。落ちることは無いだろうと判断し準備。ここで大変な忘れ物に気がつく。何と魚探の電池を忘れてしまったのである。魚探があるのと無いのとでは、集中力に雲泥の差が出る。微妙なアタリをとるワカサギ釣り。朝から晩まで集中することは不可能。魚探を見て反応が有るときだけ集中すれば、かなり効率的な釣りが出来るのである。
 仕方なく、仕掛けをおろして釣りを開始すると、程なく1尾目が釣れる。しかし、中々連チャンにはならない。さっそく集中力散漫。全くペースにならず、時間ばかりが過ぎていく。初挑戦のH賀君はアタリを出せず悪戦苦闘。N野も浮き釣りに挑戦中だが今一つの様子。いろいろな誘いを試し、出来る限り集中すると、ようやくポツリポツリ釣れ始める。穴交換でH賀君も初ワカサギをゲット。とりあえず穴のせいということにする。この時間帯は、おもりをちょっとだけ持ち上げて、小さく誘ってポーズを長くするというパターンが良いみたいであった。
 11時を回った頃、テント内に異変発生。表面の雪が溶けたのと、穴の水面と雪の面がほぼ同じなので、テント内が水浸しになる。こんな桧原湖は初めてである。外は雪というよりは湿気を多く含んだミゾレである。あちこちで表面の雪が溶けて透き通っている。氷が割れることは無いだろうが、荷物がびしょ濡れなので、仕方なくやや沖合へ移動することにする。移動直後、H賀君に2連チャン。これは釣れる穴か?と思ったのもつかの間、しばし、沈黙の時間が続く。1時を回り、今日は早帰りかという雰囲気が漂う。H賀君は友人のPC修理依頼の連絡で、釣りもままならないようである。2時を過ぎた頃から、ようやくポツリポツリ釣れ始める。今度はやや底を切ったところでのフワフワ誘いが良いみたい。しかし、アタリは有っても乗りが悪い。まあ、こうで無くてはおもしろくないのだが・・・3時になり、H賀君はPC修理のために友人に連れて行かれてしまった。このとき、魚探用の電池が届く。魚探を入れてみると、水深は7.5m程。反応は少ないが、時折底付きの小さな反応が出てくる。反応がある時にここぞと誘いを入れると、良い感じで乗ってくる。やはりワカサギは魚探である。結局3時半までやって50尾強(数えていなかったが自分で持って帰った分が40尾近いのでおそらく50尾は超えていたでしょう)。初釣りにしては仕方ない数である。次回は万全の体制で100尾越えを目指すぞ〜
 
H賀君自作のタックル 胴調子の柔らかい竿はフワフワ誘いにばっちり 今回いろいろな秘密兵器?を持参。すっかりワカサギにはまったN野