坂下ダム 釣り場マップ

アクセスマップ

いわきへら研のホームグランド。福島県大熊町の山間にある小さなダム湖である。毎年日研福島の放流対象となっている。
景色が非常に良く、釣れるへらも大型中心。

写真をクリックすると拡大します。

砂   場 ダムサイト近くの急深ポイント。以前は人気ポイントであったが、最近は当たり外れが大きく、入る人が少ない。釣れれば大型魚となので一発勝負は面白しろい。基本的には駆け上がりのポイントであるため、竿の長さによって水深は変わってくる。
放流場所 日研の放流が行われる場所。段々畑になっているので、水位によって釣れる場所が変わってくる。入釣前には必ず水深測量が必要。大会などではしばしば大釣りすることもあるが、魚が入っていないと全く駄目なので、前日夕方や当日朝のモジリの確認が重要。
椿ワンド 遠浅のワンドに草や柳などの障害物があり、春先の乗っ込み期には有望ポイント。また、減水期にワンドが干上がった時は、ワンド先の深場を釣ることが可能となり、特に上流側の突端は入れる人数も少なく、独り占め出来るポイントとなる。
看板下 周年を通じて安定したポイント。斜面が長く続くポイントで、回遊してくるヘラの拾い釣りとなる。減水期には大人数が並ぶことが可能だが、人が多いと大釣りは無いので、押さえ的なポイントである。
出島周辺 突き出た地形から出島と呼ばれており、対岸に向けば急深なポイントとなり、宙釣りが主体となる。ダムサイト向きに釣り台を出すと、緩やかな駆け上がりとなっており、底釣りにも向くポイントとなる。近年はこの周辺に魚の群れが多いが、接岸するかどうかで釣果が変わる
柿  木 最上流のポイント。春先のみの釣り場となり、減水期は浅くて釣りにならない。所々に柳があり、春先の乗っ込み期には人気ポイントとなる。
馬車道 比較的フラットな地形。春先から初夏にかけては安定した人気ポイントとなる。最近は放流ベラを中心に比較的枚数が出るポイントとなっている。減水期にかけては底中心の釣り場となる。
東  屋 ワンドの入り口に突き出た地形。駆け上がりを形成しており、常に安定したポイントである。季節にもよるが、基本的には上流側は浅く、下流は深い。ダム全体が悪いときでも、比較的釣果が望め、入釣しやすいことあって常に人が入っている。大会などでは大釣りはあまりないが、無難な釣り場としてはNO1である。
なお、現在は車で入れるのは東屋までである。
鎖の突端 入口に鎖のチェーンがある(あった?)ことから付いた名称。減水期になると馬の背状に突き出たポイントとなり、急深ポイントが狙える。かつては人気ポイントの一つであったが、近年は車が入れなくなったことと、人が入っていないせいか?魚の回遊が少ないことから、一発勝負のポイントとなってしまった。魚のモジリがあればもしかすると大釣りかも
岩  盤 ガレ場状の急斜面のポイント。こちらもかつては人気ポイントであったが、最近では行く人がほとんどいない。基本的には宙釣りのポイントだが、オデコ覚悟の釣りとなる。
白  樺 対岸の最下流ポイント。本湖向きの急深を釣るか、あるいはワンドの中を釣るか。現在でも希に入る人はいるが、さすがに東屋から歩いていくのは遠い。時間帯によってはダムの堤体の上を歩いて渡ることは可能。