名人ねもの鮎釣りウンチク 3

 

タックル

 鮎釣りを始めるに際して、最も困るのが道具を揃えること、どの道具一つをとっても高価である。ここでは、それぞれのタックルの考え方についてコメントします。
 鮎釣りを始める際に必要となるタックルは、@竿、Aベスト、Bウエアー、Cタイツ&タビ、Dベルト、Eタモ、F引き舟、Gオトリ缶、H仕掛け

@竿
 鮎の道具の中で、最も高価なのが竿です。しかし、下は2万円程度、上は30万円以上と幅があるのも事実。では、どの程度の竿を買えば良いのでしょう?まず、鮎竿の価格帯を大まかに分けてみると、30万円クラス、20万円前後、10万円前後、5万円前後、それ以下と分けることが出来ます。30万円クラスは各メーカーの最先端技術を盛り込んだモデルですが、あまりに高価過ぎるし、性能的にも特化していますので、自分の釣りが確立されたトップトナメンター向きです。もちろん、サラリーマンの私には手が出ませんが。次に20万円クラス。30万円クラスの技術も盛り込まれ、性能的には全く遜色ないと思います。もちろん高価なことにかわりはありませんが、トーナメントを目指すなら、まずはこのクラスですね。次に10万円クラス。おそらく、楽しみで鮎釣りをするならベストな選択だと思います。上級モデルの技術も入っているし、当たり外れは無いと思います。では、5万円クラスではどうか?このクラスでも良い竿はあります。私が一押しなのはD社のAという竿、この竿は10万円クラスに匹敵するバランスの良さを持っています。しかし、この価格帯の怖いところは、一歩間違うと駄目竿があること、具体的に何が駄目かというと、感度が悪かったり、パワーが無かったり等々、この辺の価格帯で探すのであれば、上級者に良くみてもらって買うのが良いでしょう。さらに5万円以下ではどうか?鮎釣りを続ける気があるのであれば、絶対にやめた方が良いでしょう。感度が悪く、オトリの状況が解らないので上達が遅れるし、パワーがないので引き抜きが上手くいかないし、直ぐに良い竿がほしくなるはずです。
 次に悩むのが竿の調子。本当は釣り方に合わせていろんな竿がほしいものですが、ただでさえ高価な鮎竿、そんなに揃えることは出来ません。かといって、初めての人が、自分の釣り方はこうだから、この調子の竿が良い。何て事は判断出来ません。では、どうするか?オールラウウンドに使うのであれば、中硬硬あるいは早瀬になります。自分が行こうとする川の規模と鮎のサイズをみて、ある程度の河川規模(川幅30m以上)で、瀬が多い川であれば早瀬、小河川で鮎のサイズが20p以下が中心であれば中硬硬が良いでしょう。天然鮎の数釣りスタイルである私の好み的には中硬硬です。次に長さ、現在の基本は9〜9.5m。ですが、使い勝手を考えるとベストは9mでしょう。最近は長竿鋭角釣法なども流行っていますが、初心者に9.5や10mは使いこなせないと思います。長ければ釣れるというものでもありませんし、まずはコントロールしやすい9mで基本をしっかり覚えるのが先決です。
Aベスト
 これは、もう格好の問題です。デザインと機能のバランスが取れるのは1万円前後でしょうか。それ以上は自己満足だと思います。
Bウエアー
 ベストの下に着るシャツですが、各メーカーから専用のシャツが販売されているます。しかし、高い!何でも良いといえばそれまでですが、このシャツは速乾性があって、冷却効果もあるらしいです。事実雨の日などは冷えすぎるので注意が必要です。最近では冷却効果のあるシャツが一般の衣類販売店でも格安で売られているので、そういったものでも代用が可能ですが、半袖だと日焼けがひどくなるので、気になる人は、やはり専用のシャツを購入したほうが良いでしょう。
Cタイツ&タビ
 アユタイツは、保温性や打撲等からの防御で必要不可欠ですが、強い流れの中に立ち込んだ際の水切れの良さという点も重要です。渓流などで使うウエーダーでも釣りは可能ですが、水切れに関してはアユタイツの方が断然有利です。さて、アユタイツですが、これもピンキリで、数千円から上は3万円以上と幅があります。この価格差は、デザインやフィット感などが大きく、低価格でも釣りをするには問題無いと思います。同じくタビもそんなに気にする必要はありませんが、安物は壊れやすいこともあるので、年に10日以上釣りに行くのであれば、有名どころのメーカー品を選んだ方が良いでしょう。また、タイツではなく、タビと一体型のスリムウエーダーなども良く使われています。こちらは防水なので、解禁当初や終盤の寒い時期にはあった方が良いでしょう。着替えが無くてすむのも利点です。
Dベルト
 これは、アユベルトと表示されているものなら何でも良いと思います。直接釣果に影響するものではなく、あくまで自己満足というか、ファッション性が強いものです。
Eタモ
 タモも安いのは数千円から上は3万円位と幅があります。この価格の差はズバリ、網の目合いの大きさです。1o小さくなっただけで値段は倍になります。何故目合いが大事かというと、アユをキャッチしたときに、目合いが大きいと掛けバリが網目に入ってしまって、抜けにくく、手返しが非常に悪くなってしまうからです。もっとも、釣果に影響するのか?と言われれば、??という感じですが、網目に刺さると、本当にイライラします。では、どの程度なら我慢できるかですが、最低でも2.5o。出来れば2o程度の網目ならそんなに気になることは無いでしょう。価格としては、安いもので1万円台で購入出来るかと思います。
F引船
 引き船ははっきり言って、何でも良いと思います。高いものはデザインであったり、水の抵抗が少ないなどの違いしかありません。容量的には5リットル前後が標準です。ちなみに5リットルの容量だと、20p前後のアユで30尾位が限界です。水温が高いときは、30尾でも酸欠を起こすので、気を付ける必要があります。アユの色が斑模様に色抜けし始めたら限界だと思って下さい。また、水からあげて長距離を歩くのは厳禁です。10尾も入っていれば即死です。歩くときはこまめに水につけて、新鮮な水と入れ替えましょう。
Gオトリ缶
 
オトリ缶は20リットル前後のものが販売されています。大きいほど安心して運べますが、斜面を降りるときは危険なので、体力次第だと思います。ちなみに、私は20リットルのものを使用しています。水に浸けた状態であれば100尾は収容できます。移動の際は、気温にも大きく左右されますが、エアレーションした状態であっても、5尾程度が無難です。30分以内の移動であれば10尾位は可能ですが、こまめにチェックする必要があります。
 なお、最初の内は、誰か一人が持っていればすみますので、必ず買わなければいけないものではありませんが、単独で行くようになればどうしても必要になりますので、買っておいた方が良いでしょう。


以上の点を踏まえて大まかな価格を計算すると次のようになります。参考にして下さい。だいたい8〜10万円くらいで、最初の道具は揃うと思います。船やタモなどは、他の人から中古で譲ってもらうのも良いでしょう。

  最低ライン 出来ればこの位
実勢価格(千円) 実勢価格(千円)
竿 45 70
ベスト 5 10
シャツ* 5 8
タイツ&タビ 12 15
ベルト 2 2
タモ 10 15
引船 5 5
オトリ缶* 8 8
合計 92 133
*除く 79 117

*無くても良いもの